XMでFX取引するときに起きるロスカットへの対策

XMのロスカット

証拠金維持率が20%を下回ったときに強制的に約定して損失を確定させるのがロスカット。トレーダーを守るためのセーフティのような役割をもっているものの、証拠金維持率20%というのはほかの業者と比較しても低い数字であるため、発動すると大きな損失を抱えることになります。ではどういった方法を取ればロスカットの発動を防げるのでしょうか。ロスカットが発動しない方法を考えてみました。

XMのFX取引におけるロスカットの回避方法1、損切りをする

FXにおけるロスカットの回避方法の1つが「損切り」をするということです。ロスカットと損切りは同じ意味と捉えている人はいるかもしれません。やっていることは概ね同じなのですが、誰がおこなうのかという点で異なっています。

損切りをおこなうのは「自分」です。「通貨がこの価格まで下落したら約定して損失を抑える」など自分自身で強制的に約定ラインを定めて実行するのが損切りとなります。

一方でロスカットをおこなうのは「XMなどの運営側」です。「運営側が証拠金維持率が20%以下になったらロスカットする」など定めて実行することがロスカットになります。そのためロスカットにはトレーダー側の意志が一切反映されません。

ロスカットが発生する前に損切りをすれば、たとえ損失が発生したとしても被害を最小限に抑えられるようになります。

XMのFX取引におけるロスカットの回避方法2、レバレッジを上げる

実はレバレッジを上げることでもロスカットの回避が可能です。

証拠金維持率の計算式は「証拠金維持率 =有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100」という公式で求められます。ここで注目するのは「必要証拠金」。必要証拠金の計算式は「通貨の価格 × ロット数 ÷ レバレッジ」となっており、レバレッジの数字を上げると証拠金維持率の分母となる必要証拠金の数値が下がるため、ロスカットの発生を一時的にですが回避できます。

実際にXMではレバレッジを最大888倍に上げた状態でFX取引できるので、目一杯レバレッジを上げておけば多少損失がでたとしても証拠金維持率の数字が高い状態でキープされることになり、ロスカットの発生は防げます。ただしおこなっているのはあくまでも一時的な措置であるため、現在抱えている損失をどう対処するのかは別途考える必要がありますので、気をつけてください。

XMのFX取引におけるロスカットの回避方法3、ロット数を減らす

どうしてもロスカットを回避したい、というときは取引しているロット数を減らすという方法もあります。ロスカットは損失が大きくなったときに発動するものなので、取引しているロット数を減らせばロスカットの発生を回避することが可能です。

たとえば100円の通貨を2ロット、つまり20万枚保有したとしましょう。もしも通貨が99円に下落した場合、抱える含み損は20万円となります。この状態で1ロットだけ約定して開放すると、残るポジションは1ロットの10万枚だけとなるため、含み損は10万円にまで下がります。

約定したため手元の資金は10万円少なくなるため、意味がないように感じるかもしれません。ですが通貨の価格がさらに下落するようなことがあった場合は、保有している1ロット分である10万枚の通貨に対する含み損が拡大するだけなので、ロスカットの発生リスクを抑えられるようになります。

まとめ

FX取引ではさまざまな人の思惑が複雑に関わることから、どんな意経験を重ねたとしても100%勝つことはできません。FX取引は常にロスカットと隣合わせな状態といってよいでしょう。そのためロスカットを回避したい場合は相場がよくなることを願うよりも、損切りをするなどのリスク対策が重要となりますので、忘れずに対応するようにしましょう。

XMで口座を作るときはロスカット対策も忘れずに

コメント

タイトルとURLをコピーしました