XMでおこなわれているロスカットについて

XMのロスカット

FXにおいて最も重要なのが「損小利大」。トータルで損失をできるだけ小さくして、利益をできるだけ最大限にするということです。ですが時には予期せぬ出来事により大きな損失を抱え込むこともあります。そうしたときに効果を発揮するのがロスカット。ここではロスカットについて説明していきます。

XMの取引において強制的に約定させるのがロスカット

XMで行われているロスカットとは「一定額以上の損失を抱えていたら強制的に約定して、損失を増やさないようにする」という措置です。取引における証拠金維持率という数値を算出し、割合が一定以下になったらトレーダーの医師に関係なく約定がなされます。

ロスカット自体はXM特有の制度でななく、ほかのFX業者でも制度が用意されていることがあります。ただしロスカットの発動条件となる証拠金維持率の割合が異なっており、国内業者は証拠金維持率が50%未満になったら発動するのに対して、XMではロスカットの発動する条件で20%と低めになっています。

ロスカットと似たような言葉として「ゼロカット」という言葉があります。どちらも損失が拡大するのを防ぐ制度になりますが、おこなう内容はまったく違っていますので間違えないようにしてください。なおロスカットとは異なりゼロカットはXMなど一部のFX業者でしかおこなわれていません。(国内の金融方で禁止されているという事情もあります)

XMでおこなわれるロスカットの注意点

「ロスカットがおこなわれるから、安心して積極的に取引ができる」と思う方も多いかもしれませんが、いくつか注意してほしいことがあります。

その1つがロスカットが発動する条件はあくまでも基準でしか無いということです。証拠金維持率が20%未満になったらロスカットが発動しますが、発動条件である20%未満というのはあくまでも基準でしかありません。

たとえばリーマン・ショック並みの出来事があり証拠金維持率が一気に15%まで下落したらどうなるでしょうか。20%の基準を下回ったのでロスカットは発動しますが、20%を超えた分である5%分(20%−15%)の保証は一切してくれません。

2つ目の注意点はロスカットが起きても損することには変わりないということです。ロスカット自体が損失の拡大を防ぐという損失が発生することを前提とした仕組みであることから、「ロスカットの発動=損失が確定した」という図式が成り立ちます。ロスカットにより一定以上損失を得ることはないですが、発動する前にもできることはあるはずなので、対策は早めにおこなうようにしましょう。

まとめ

XMがおこなっているロスカットはトレーダーが多大な損失を被ってしまうのを防ぐありがたい制度です。ですがFXは自己責任であることから防げるのは「多大な損失」だけとなっており「損失」そのものを防ぐことはできません。FXでは利益を大きくするのと同時に損失を小さくすることもまた大切となりますので、ロスカットに頼り切らず、やれることはしっかりとやっておくようにしましょう。
ロスカットの仕組みがあるあるXMで口座を作ろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました