XMのレバレッジ計算

XM Trading(以下XM)では、各種ボーナスやゼロカットシステムなど、魅力的な各種サービスを提供していますが、中でも

●最大レバレッジ888倍

はかなり魅力の高いサービスとなっています。また、XMでのレバレッジは888倍以外にも十数種類の設定が可能となっているため、私たちは自分の好きなレバレッジを選択した上でFXを行う事が可能です。

 

ただ、中にはXMのレバレッジの計算方法が分からないという方がいると思いますので、今回の記事では

●XMのレバレッジ計算方法

について解説します。FXではレバレッジを自在に操る事が出来れば、うまくトレードする事が可能になります。

XMの各種証拠金について

XMはもちろん、各FX会社のレバレッジを計算する上で欠かせない要素として

●必要証拠金
●有効証拠金
●余剰証拠金

以上3種類の証拠金の意味を知る必要があります。

必要証拠金について

この必要証拠金ですが、これはFX取引を行う上で必要になる、最低限の証拠金となります。そして、XMにおける必要証拠金の計算方法は、

●現在の為替レート×ロット数×取引通貨単位÷レバレッジ

となっています。例えば、現在のUSD/JPYの為替レートが1ドル=100円の場合において、XMのスタンダード口座でレバレッジ888倍、1Lotの取引に必要な証拠金は、

100円×1Lot×100,000通貨÷888倍≒11,261円

つまり、必要証拠金は11,261円となります。

有効証拠金について

この有効証拠金ですが、現在の証拠金残高と保有している全てのポジションの合計評価金額となっており、現在保有しているポジションの含み益や含み損によって変動します。ちなみに、この有効証拠金の計算方法ですが、

●現在の証拠金残高+現在の評価損益

となっています。また、XMの有効証拠金については、取引ツールのMT4またはMT5の口座管理画面に常時表示されています。

余剰証拠金について

この余剰証拠金ですが、新規注文が可能な口座残高の金額となっており、この余剰証拠金の範囲内で新しい注文を行う事が可能となっています。

XMのレバレッジを計算する

レバレッジ計算

気になるXMでレバレッジを選択して証拠金を計算する方法ですが、スタンダード口座(1Lot=10万通貨)において、USD/JPY=1ドル100円、1Lotのポジションで

●レバレッジ100倍
●レバレッジ500倍
●レバレッジ888倍

という条件で計算します。

レバレッジ100倍

XMのレバレッジ100倍における計算方法ですが、

100円×1Lot×100,000通貨÷100倍=100,000円

つまり、必要証拠金は100,000円となります。

レバレッジ500倍

XMのレバレッジ500倍における計算方法ですが、

100円×1Lot×100,000通貨÷500倍=20,000円

つまり、必要証拠金は20,000円となります。

レバレッジ888倍

XMのレバレッジ100倍における計算方法ですが、先程も出てきた通り

100円×1Lot×100,000通貨÷888倍≒11,261円

つまり、必要証拠金は11,261円となります。

国内FXのレバレッジ25倍

ちなみに、先程の条件を国内FXの最大レバレッジ25倍で計算すると

100円×1Lot×100,000通貨÷25倍=400,000円

つまり、必要証拠金は400,000円となります。このように、国内FXと海外FXとでは、必要証拠金にかなりの差が出ている事が分かります。

まとめ

XMでは、複数のレバレッジを選択してFXを行う事が可能であり、レバレッジの倍率が高ければ高いほど、必要証拠金の金額は反比例して少なくなります。

また、XMでは最大レバレッジが888倍と高いため、他のFX会社と比べ少ない証拠金からFXを始める事が出来るという点は魅力的です。

 

XMでは複数のレバレッジを選択する事が可能

おすすめの記事