海外FX業者がもつメリット・デメリット

FX取引ができるのは国内の業者だけとは限りません。海外FX業者もおり、そうした業者を経由して取引がおこなえます。ですが「海外のFX業者はなんとなく不安だから国内のほうがいいな」という考えにより、なんとなく国内FX業者を選んでしまう人も少なくありません。

海外FX業者には国内のと比較してよい面がありますので、いくつか紹介します。業者選びの参考にしてみてください。

海外FX業者のメリット1、レバレッジが大きい

海外FX業者がもつメリットの1つは「レバレッジが大きい」ということです。国内FX業者の場合、金融庁が定めたレバレッジ規制によりレバレッジの上限が25倍までと定められています。ですが海外FX業者は各国て展開している都合上、金融庁の指導を無視していることがあり、25倍どころか100倍を超えるようなレバレッジを定めているところが多いです。

レバレッジの違いによってでてくるのが取引できる金額と証拠金。手元に10万円ある場合、レバレッジが25倍までだと250万円分の取引しかできませんが、100倍以上だと1000万円以上もの取引ができることになります。

ただしすべての海外FX業者で高レバレッジが設定できるというわけことには、気をつけてください。業者によっては金融庁の指導に従ったレバレッジの上限を25倍までとしていることがあるからです。

海外FX業者のメリット2、ゼロカットシステムがある

海外FX業者がもつメリット2つ目は「ゼロカットシステムがある」ことです。ゼロカットとはトレーダーの口座が取引によってマイナスとなってしまっても、FX業者側がマイナス分を補填してくれるという仕組みです。取引に失敗すると口座のお金は減ってしまいますが、負債部分だけは穴埋めしてくれるので、トレーダーは安心して取引に望めます。

金融庁ではゼロカットシステムの導入は全面的に禁止しており、金融庁の市場を受け入れている国内FX業者もまたゼロカットはできないようになっています。金融庁がゼロカット認めないのはバブル崩壊が原因です。当時は証券会社がトレーダーに対して損失補填をおこなっており、バブルが崩壊して証券会社の経営が苦しくなったときに、損失補填したことがが大きな問題になったのがきっかけでした。

海外FX業者のデメリット、スプレッドが高い

海外FX業者の採用には優れているところだけとは限りません。「スプレッドが高い」というデメリットがあるからです。スプレッドととは買値と売値の差額であり、スプレッドが大きいとその文だけトレーダーが得られる利益が少なくなることになります。

国内FX業者ではDD方式という仕組みを採用していることから、スプレッドが固定性となり数値も低くなっているのに対して、海外FX業者はNDD方式というものを採用しているためスプレッドが変動性となり数値も大きくなりました。

ただしDD方式は取引の透明性が低く、注文を拒否されたり要求していた価格以外で注文されてしまったりすることがあるので気をつけてください。

まとめ

なんとなく海外FX業者は不安だから、国内FX業者で口座を作っているという方は多いです。ですが海外FX業者にはレバレッジが圧倒的に高かったり、ゼロカットにより借金を背負うことが一切なかったりといったメリットをもっています。海外FXには国内FXにはないメリットをもっていることがありますので、口座を改めて作ってみてはいかがでしょうか。
XMにも海外FX業者のもつメリットがあります

おすすめの記事