XMで過去に開催されたウェビナーの内容は確認できる?

XMのウェビナー

XMではウェビナーというオンライン上でのセミナーを開催しています。セミナーを受けるためにはパソコンに特定のソフトをインストールしたりする必要はありますが、設定さえできれば自宅やカフェなど好きなところで受講できるという強みがあります。そうしたウェビナーですが過去に開催されたものは閲覧できるのでしょうか?

XMで過去に開催されたウェビナーは閲覧できない

結論からいいますと、過去に開催されたウェビナーの内容を閲覧はできません。XMではウェビナーを開催しているもののウェビナー自体の記録をとっていないからです。そのためウェビナーで学習をするときは、講師が話したことなどをしっかりとノートなどに記載して後で見直せるようにしておく必要があります。

人によっては受講したときにすべての内容を覚えることもできますが、情報量が多い講義もあるため内容次第では一度に学習できない場合もあります。そのためノートなどを学習の補助に活用したほうがいいです。

XMでは過去に開催されたのと同じテーマのウェビナーが開催されることがある。

「ウェビナーを見逃したら、二度とそのテーマに関することが学習できない」できないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。とあるテーマのウェビナーを見逃したとしても。数ヶ月後には同じテーマのウェビナーが開催されることがあるからです。

たとえば2019年10月には「FX取引の最大の面白さ「レバレッジ」について」のウェビナーが開催されてたのですが、2020年2月にも同じテーマのウェビナーが開催されています。もしも自分が見たいウェビナーを見逃してしまっても、数ヶ月後には同じテーマあるいは似たようなテーマのウェビナーが開催されることもあるので、待つようにしましょう。

なお同じテーマのウェビナーであっても、開催された月によって内容が若干変わることもありますので気をつけてください。(受講者からの反応を見て改善されることがあるからです。)

過去にXMで受講したウェビナーならば資料がもらえる

XMのウェビナーでは開催された後、受講者たちに対してセミナー上で使用した資料をパワーポイントとしていただけます。ウェビナーの開催時間は45分となっているので、人によっては開始直後に話していた内容を忘れるかもしれません。ですが資料をいただければ思い出しやすくなりますので、過去に受講したウェビナーの内容を復習するときは頂いた資料をうまく活用しましょう。

なおいただけるのは資料だけであり、受講者からの質疑や返答に関しては一切記載されていませんので気をつけてください。そうした内容は受講時にメモ帳へ記載したりノートに書いておいたりする必要があります。

またウェビナーの資料をいただけるのは「そのウェビナーを受講した人」に限定されているため、ウェビナーを受けていない人は資料を得ることはできません。

まとめ

時計の張りはもとに戻せないように、過去に開催されてしまったウェビナーはどんなことをしても閲覧はできません。ですが過去に開催されたウェビナーも数ヶ月後には同じ内容で開催されることがあります。もしも見たいウェビナーがあったけど仕事の事情などにより見ることができなかった場合は、同じテーマあるいは似たようなテーマが開催されるまで待つようにしましょう。

過去ウェビナーは見れなくても、XMの講座は作れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました